一般社団法人 全国管工機材商業連合会
会長 小泉 久則


平素は当連合会事業につきまして、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当連合会は昭和38年1月、東京、大阪、名古屋の管工機材販売業者の組合が集まり発足し、50年以上にわたり任意団体として活動してまいりました。平成25年8月に「一般社団法人全国管工機材商業連合会」(略称:従来通り「管機連」)を設立し、「収益事業を行わない非営利型法人」として同年9月に真の全国組織として機能するために「正会員、特別会員、賛助会員」の加入を要請することにより、「全国網羅組織」を目指すこととなりました。

その結果、現在は加入組合数18(傘下組合員 平成28年4月1日現在 742社)、特別会員44社、賛助会員91社となり、組合が結成されるまでの個別企業である特別会員加入により、全国組織としての規模を持つまでになりました。

当連合会の五大スローガンである「工・製・販の協調」「適正利潤の確保」「取引改善の徹底」「連合会認識の高揚」「環境保全の推進」を着実に実行し、次世代の人たちが「ライフラインを支える業界である」と自信をを持って仕事のできる業界に育てていかなければならないと考えております。全会員一致団結し強固な結束を図り、業界発展のため尽力いたす所存です。



(C) 2013 The Japan Plumbing, Sanitary Trade Association